キャリアカウンセリングが未来を創る

~会社と個人を育てるためのキャリアカウンセリングの活用と実践~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

聞きたいようにしか聞かない

以前、私が派遣会社に所属していたとき、営業はチーム制になっていた。
そのとき年上の部下(おじさんです)と一緒に仕事をしていて、つくづく
こう思った。

「自分が聞きたいようにしか聞かないことも多いもんだ」と。
自分が相手に伝えたいことを本当に理解してもらうためには、お互いに
共感や信頼関係が必要なんだとも思った。

それは、きのうのコンサル先の社員さんじゃないけど、私が伝えたこと
を全然やっていないorできていないことが何度もあったので考えてみた。

冷静に考えると、その年上の部下にあたる人は、学歴も高いし、見た目
も悪くない。営業の経験も他業界だけど、私よりも長い。だのに、新人
ちゃんでもできそうなことができないのはなぜ?それに指示したこと
が伝わっていないのはどうしてか?とあれこれ考えてみた。

少なくとも学歴からして、私の指示したことが理解できないはずはない。
ということは、??????そのとき、「ハッ」と気づいた。

おそらく、1.これはそんなに大事なことではないと思って聞いている。
2.そんなことは自分はわかっていると思って聞いている。
3.あなたの言うことは聞きたくないと思っている。

このどれかにあてはまる、あるいは、全部の場合もあるかもしれないと
思った。他人を変えることは難しいので、自分のメッセージの伝え方を
変えることはすぐできることだったので、昨日のような「何がわかりま
したか?メモをとらなくても良いですか?」というスタイルに変えたの
でした。もっとも、これは、言葉づかいをあやまると、詰問調になるの
で、使う言葉はかなり考える必要があるでしょう。

そういえば、サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」
で“聞きたいようにしか聞かない”を批判しているようなフレーズがある。

Peple  talking      without  speaking
(人々は 語りかけることも   なく   しゃべりつづけ)
Peple hearing  without listening
(人々は 耳を傾けることも   なく   聞き流している)

おそらく、私も過去にそうなっていたことがあったのでは?
常に戒めたいと思う。


fc2ブログランキングに参加してます。
本サイトが役に立ったと思われたら、上のバナーをクリックしてくださいね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://ajisaicarria.blog107.fc2.com/tb.php/70-808b0a98

左サイドメニュー

プロフィール

内藤圭子

Author:内藤圭子
業界初のキャリア支援を専門に
した、職業・仕事・人生の総合
サポートカンパニー
(有)あじさいキャリアラボラトリー
代表取締役 神戸在住。

働くことは、“ハタ楽”!へ。

明るい未来をきりひらく
プロフェッショナル
キャリアコンサルタント(CDA)

最近の記事

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

★携帯メルマガ

メルマガ登録・解除
 

★キャリコンのためのメルマガ

「現場で役に立つ」キャリコン になるための、簡単・具体的・ 即効果のでる能力開発法を お届けしてます。

期間限定!今登録頂くと、 効果的な面談ができる フォーマット無料プレゼント!

★メルマガ登録フォーム

仕事や生活を高速でレベルアップ する思考術をお届けします。

仕事を速く、広く、深めていきたい ビジネスマン、 能力に伸び悩むベテラン社員や 管理職の方も必見です!

メールフォーム

お問い合せは こちらでお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。