キャリアカウンセリングが未来を創る

~会社と個人を育てるためのキャリアカウンセリングの活用と実践~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

傾聴とは何か?

最近、CDAの試験が新しくなって、あらたに受講する人から2次試験の
対策について尋ねられたりすることがちょくちょくあります。

でも、結局2次試験は、“傾聴”ができているかどうかを主に見ています。
それでは、どうすれば傾聴ができるのでしょうか?

それは、ひとことで言うと、「熱心に聴く」ということにつきます。
この「熱心に聴く」ことというのは、体全体で相談者の言いたいことや、
相手の気持ちなどを聴くことにつきます。

言葉だけでなく、目(視線)、表情、態度などで表す。
そして、話し手の気持ちに共感しようと思えば、テクニックではなく、
「相手の気持ちを理解してあげたい。」という気持ちが最も大切なのです。

この気持ちがないとどうなるのでしょうか?恐らく、

1.話し手が言ってないことを聞く(自分が聞きたいことを聞いてしまう)
2.相手が話しているときに、「次に何を言うか?or次に○○を言おう」
と考えている。

そうすると、話を聴けなくなってしまいます。
相手が話したいことでなく、自分が聞きたいことになってしまいます。
“説教CDA”ですね。(笑)

テクニック(カウンセリングの技法)は大事だけれど、表面的なものは
すぐに相手に伝わって、ばれてしまいます。

私は基本的には、“よく知らない他人さま”のことを100%理解すること
はできないと思っています。

だからこそ、相手の話を聞いていて、その人の状況や気持ちがよく
わからない場合、相手の使っている言葉のなかで、あいまいな部分
が明確になるように聴いていきます。

すると、話をしている人自身の力で、自分の気持ちや、置かれている
状況が明確になって、どうすれば良いかを冷静に考えることができる
ようになってきます。

人によっては、それだけで、自分で答えを見つけて解決する方も
でてきます。

ただ、キャリアカウンセリングは、傾聴だけではありませんが…。
CDAの2次試験は傾聴ができているかどうかを合格ラインにして
いますが、それは、傾聴がなければ、こちらの提案や適切な行動
計画の策定をするのが難しくなります。やったとしても無意味です。

最も重要なことは、相手の気持ちを理解したいという気持ちです。


※傾聴についての考えは、下記サイト↓にわかりやすくまとめています。

キャリアコンサルタントわくわくプロジェクト【傾聴とは?】


fc2ブログランキングに参加してます。
本サイトが役に立ったと思われたら、上のバナーをクリックしてくださいね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://ajisaicarria.blog107.fc2.com/tb.php/112-a1afa7ce

左サイドメニュー

プロフィール

内藤圭子

Author:内藤圭子
業界初のキャリア支援を専門に
した、職業・仕事・人生の総合
サポートカンパニー
(有)あじさいキャリアラボラトリー
代表取締役 神戸在住。

働くことは、“ハタ楽”!へ。

明るい未来をきりひらく
プロフェッショナル
キャリアコンサルタント(CDA)

最近の記事

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

★携帯メルマガ

メルマガ登録・解除
 

★キャリコンのためのメルマガ

「現場で役に立つ」キャリコン になるための、簡単・具体的・ 即効果のでる能力開発法を お届けしてます。

期間限定!今登録頂くと、 効果的な面談ができる フォーマット無料プレゼント!

★メルマガ登録フォーム

仕事や生活を高速でレベルアップ する思考術をお届けします。

仕事を速く、広く、深めていきたい ビジネスマン、 能力に伸び悩むベテラン社員や 管理職の方も必見です!

メールフォーム

お問い合せは こちらでお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。